1. トップ
  2. 使いかた
  3. グラフ画面

Howto 使いかた

グラフ画面

グラフ画面では、過去の体重と体脂肪率の記録を見ることができます。

詳細情報の表示

データポイントをタップすると、詳細が表示されます。
詳細表示では、そのデータの日時、体重、体脂肪率(BF)、BMI、前回からの差分(P:Previous)、基準日からの差分(R:Reference)が見られます。

グラフのスクロール

グラフ上で左右にスライドすると、スクロールして過去の記録が見られます。

端までスクロールした時に、さらに前または後のデータがある場合はこのような画面になります。

そのままスクロールして矢印の向きが変わるまで引っぱったところで指を離すと、前または後の期間に移動できます。

グラフの拡大

v2.7.0から、2本指でのピンチイン・アウトでグラフを拡大・縮小することができるようになりました。

従来通り、拡大したいプロットの近くをダブルタップで拡大、2本指で同時タップで縮小することもできます。(iOSのみ対応)

データの編集・削除

データポイントを長押しすると、図のような編集/削除ボタンが表示されます。

編集ボタンをタップすると、その日のデータを編集できます。データの編集では、選択したデータの体重・体脂肪率と日時を変更できます。
また、削除ボタンを押すと、選択したデータを削除できます。

午前・午後の表記

午前の記録は白ぬきの丸、午後の記録は塗りつぶされた丸で表示されます。(午前3時〜午後0時は午前、それ以外は午後の測定とみなされます。)

メモの表示

メモがある日のデータをタップすると、画面上部にメモの内容が表示されます。
また、グラフ下部には食事と運動の量が棒グラフで表示されます。

※食事・運動の量のメモがなく、メモにコメントのみが存在する日には、メモがあることが分かるように、グラフ画面下部に▲が表示されます。

目標線

データポイントを長押しすると、図のような編集/削除ボタンが表示されます。

編集ボタンをタップすると、その日のデータを編集できます。データの編集では、選択したデータの体重・体脂肪率と日時を変更できます。
また、削除ボタンを押すと、選択したデータを削除できます。

BMIの色表示

グラフの背景色は、「前肥満」以上(BMI ≥ 25)は黄色、「肥満」(BMI ≥ 30)は赤で表示されます。
BMIの境界はWHO BMI Classificationに基づいたものです。

操作ボタン

グラフ画面には次のような操作ボタンがあります。

戻るボタン
入力画面に戻ります。
Twitterボタン
ダイエットの進捗状況をTwitterに投稿できます。
メモボタン
メモ画面を表示します。
グラフ範囲切替
一画面に表示する範囲を「月」「週」「日」で切り替えられます。

横向きのグラフ

v2.7.0から、グラフ画面を表示中にデバイスを横向きにした場合に、横向きのグラフをフルスクリーンで表示できるようになりました。限られたスクリーンを最大限に活用してグラフをご覧いただけます。(iOSのみ対応)

横向きのグラフでは操作ボタンが非表示となりますが、カレンダーボタンの代わりに2本指のピンチイン・アウトの操作で表示範囲を切り替えられまます。
また、スクロール、プロットの長押しでのデータの編集や削除、メモの表示なども縦向きの時と同様に行うことができます。