1. トップ
  2. 使いかた
  3. インポート・エクスポート

Howto 使いかた

インポート・エクスポート

インポート・エクスポート機能を使うと、日時・体重・体脂肪率・食事の量・運動の量・メモのデータをGoogleドキュメントにエクスポートしたり、過去にエクスポートしたデータを取り込んだりできます。

データのエクスポート

入力画面の下の方にある「インポート・エクスポート」ボタンを押すと、インポート・エクスポート画面が開きます。

はじめて使用するときには、図のような画面が現れます。

この機能を使用するには、Googleアカウントが必要です。
既にGoogleアカウントをお持ちの場合は、「ログイン」ボタンを押してください。
まだGoogleアカウントをお持ちでない場合は、「Googleアカウントを作成する」ボタンを押してアカウントを新規作成してください。

「ログイン」ボタンを押すと、次のようなGoogleアカウントのログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押してください。

サインインに成功すると、図のような画面が表示されます。「アクセスを許可」ボタンを押してください。

アクセスが許可され、図のような画面が表示されます。
「エクスポート」ボタンを押すと、エクスポートが始まります。

データの取り込み

一度データのエクスポートが完了すると、次回からは「データの取り込み」ボタンも押せるようになり、最後にエクスポートしたデータを取り込めるようになります。

「データの取り込み」ボタンを押すと、下のようなアクションシートが表示されます。
サーバ上のデータで現在のデータを上書きしてもよろしければ、「取り込んで上書きする」ボタンを押してください。。

※データの取り込みを実行すると、ローカルのデータが完全に削除され、サーバ上のデータと置き換えられます。この操作は取り消すことができませんので、十分に注意して行ってください!

Googleドキュメント側での操作

エクスポートが完了すると、Googleドキュメントに「SimpleWeight-Export.csv」というファイルが作成されます。

ファイルはコンマ区切りのテキストファイル(CSV形式)で保存されています。PCなどからGoogleドキュメントにログインすることで、ファイルの中身を確認することができます。

Googleドキュメントのスプレッドシート上では、次のような操作を行うことができます。

  • データを数値で閲覧する
  • 数値データやメモなどを編集する
  • 行を追加/挿入して、過去のデータをまとめて入力する
  • 表上の数値データから独自のグラフを作成する

次の点にご注意ください!

このとき、次のような操作をしてしまうと、データを取り込めなくなったり、予期せぬ問題が発生する可能性があります。

  • 1行目の表題を削除したり、編集したりしないでください。
  • 列を挿入したり、列の順番を入れ替えたりしないでください。
  • 数値フィールドに文字を入力したり、不適当な値(食事量に0~5以外の数値を入力するなど)を入力しないでください。
  • ファイル名を変更しないでください。

誤りを防ぐため、データの解析をされるときなどは、ファイルのコピーを作成するか、ダウンロードしてPC上で操作をされることをおすすめします。